FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナ 塗装開始

カナ の複製を取りましたので、まずは一個作成してみます。

と言っても、簡単に組み塗装なので ホントに簡単に(;´▽`A``

まずは、やっと作成机らしく散らかってきました。(笑)
やはりこうではないと・・・・

hyoumen.jpg

簡単にパテをくれてやり表面を整えてます。
今回は目立つところだけやり、気泡(あまりなかったし)も少しだけ手をだすくらい、モールドも入れ直しません。
 溶きパテなどは省いてます。

んで、顔パーツのみサフレスにしてみます。

metaru.jpg

メタルプライマー 

サフレスの場合、これを使うことが多い(というかこれだけしか使ったことがない)のですが、最近ではもっぱら、ほとんど薄めずに原液に近い状態でつかっています。
 実際、原液も結構薄めというかなんというか。


 
 gsafu.jpg

顔以外のプライマー

プライマーなんですが、一応、自分の場合、マスキングが多い とか、一面状態のパーツが多い(平面?というか)ほど、しっかり塗りつけます。
 
 今回のようなパーツだと、ブラウスのラインにマスキング、足部 が当たりますので、そこいらはしっかり塗りますが、その他は軽く吹くのみです。
写真のようなグレーサフレジンプライマー は傷がわかりやすいという意味で塗りながら様子をみて調整してます。

プライマー自体の効果さえでれば薄くてすむなら薄いほどよいはずです (塗料濃度ではありません:塗膜の厚みです)

 次にベースホワイトを塗るのですが。。。。

siro.jpg

ビン自体は、ベースホワイトですが、 これは混ぜ合わせ用のビンで、中身は、ベースホワイト+ガイアの白 となってます。

ベースホワイト単体よりも、早く白になるのでこの方法を使ってます。

混合比はなんとなくでやってるのでわかりませんが(;´▽`A``

なぜかというと、ベースホワイト単体を薄めて使うと何度も吹かなければなかなか白になりません。
隠蔽力はガイアの白が気に入って使ってます(というより白の大瓶があるんで)

なぜこうなったかというと、そもそものベースホワイトの目的は ”発色”だと思ってます。
 
 もちろん、ベースホワイトの方が、その後の塗料の食いつきが良い気はするのですが、サフ自体はその前のプライマーと溶きパテなどで終わっています (いるはず(笑)
なので、そこから考慮するならば、必ずしも傷埋めは必要ない気がしています。
 
 もちろん、小傷が多いパーツなどはベースホワイトを吹いた上で、さらにホワイトを掛けるなどが効果が高いのかもしれませんが、回数をそれだけ多く吹くことになります。
 
 これは家の部屋環境に依存してるところでもありますが、吹く回数を増やせば増やすほどホコリなどを巻き込む可能性が高くなり、また、チリなども”積もれば山となる”と言われるように下地での余計な混入を出来るだけ排除したいから。

burasage.jpg

家ではぶら下げ方式と差し込み方式を採用(笑)
複数同時に塗装するときに便利だったりします。

今日はこのままにしておきます。


仕事でも塗装を行うことがあるのですが、(主に下地の塗装ね) 鉄の表面に さび止め というのを吹きます。
 大きな物。。。 6Mの手すりとか階段ね。

こちらに塗装をするのですが、普通、何も指定がない場合は、加工後の鉄に単に ”さび止め”を吹き付けるのみです。

 んで、例えばこれを午前に半面塗って午後に半面とか塗るのですが、少なくても手には着かないくらいに乾燥はしています。

ところがです。

どの季節であってもなのですが、通常、乾いたように見えて(さわって乾いていても)OKでも次の日に輸送のため動かしていると簡単に剥げてしまいます。
 
 ところが、3~4日放置したものは簡単には剥げません。
傷がはいるようになっても案外下地が見えるほどには剥げません。

大きな理由は、中が食いつくほど乾燥してないから。 だと思ってます。
ファンドをいじくる方はものすごくわかると思います。

化学反応で固着していくものにくらべ、乾燥(溶剤・水分が抜ける物)させて食いつくものは、表面から乾燥していくので、表面が皮のようになり中身がなかなか乾かない状態になります。

もちろん、フィギュアの場合、そもそも吹きつける厚みが少ないので影響はないかと思いますが
念のため、白サフまでにしておき、次の日まで乾燥させます。

この後マスキングなどがありますからね

あと、鉄の加工物に、ブラスト処理 というのを行う場合もあります。
これは、小さな砂粒をジェットで、鉄に当てて、表面の黒皮を落とし、鉄表面に小さなデコボコを作ります。その後塗装。

これはホントに塗装が剥げません。
プライマーを吹くときに ”クレンザーで傷をつける” のと同じ事。

これを考えると、パテ作業さえ無ければ、買ってきたレジンの剥離剤処理は、塗装前にクレンザーで落とすのが一番効率的となります。

 なので、自分の場合、まずはゲートなどの処理をしておきキットを見て判断します。必要な場所だけクレンザーで強めに処理しますが、そもそも、洗浄する前に、リューター+紙ヤスリである程度表面もとんでます。

もっとも、一晩中性洗剤に付けておけばよいようなので、それでも良いんでしょうけどね(;´▽`A``

まぁ、なんというか、躍起になって落とすよりも別の事に労力つかいたいと。(;´▽`A``





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。